不動産売却の流れ STEP.5 建物状況調査|横浜市で不動産を購入・売却するなら横浜市中区の【はうすブレイン】

045-319-6920

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】火曜日・水曜日

STEP.5建物状況調査

建物の劣化・不具合を確認し、見えないを見える化。

不安を安心に変える。

O1

売主様メリット

引渡し後のトラブルを回避

不具合を事前に把握しご購入者様にお伝えをする事でクレームや「瑕疵担保責任」の回避につながります。
※瑕疵担保責任は、既存住宅の売買にあたり引渡し日から3ヶ月以内に発見された構造耐力上主要な部分の不具合や雨漏れ、排水管の故障など「隠れた瑕疵」について売主が買主に対して負う責任のことです。

競合物件との差別化

買主様に対して競合物件との差別化を図る事ができます。
調査を行っていることで、買主様には安心と言う付加価値を提供することができます。

O2

買主様メリット

リフォームの計画がしやすい

大きなお買い物だからこそ「分からない」と言う不透明な部分をフィーチャーしてしまいます。
不具合が問題なのではなく、どこに不具合があるのか「分からない」と言う不安が大きな問題です。
調査を行うことで安心につながりますし、購入後のリフォーム計画も立てやすくなります。

瑕疵保険に加入で税制優遇

瑕疵保険に加入した場合、発行される「保険付保証明書」を活用して、築年数の経っている物件でも「住宅ローン控除」や贈与税の非課税措置を利用することができます。

不具合が発生した時も安心

瑕疵保険に加入した場合は、雨漏れや給排水管の故障など不具合が発生してしまった際に保険会社に保証してもらえます。


<<STEP.4 STEP.6>>
ページの先頭へ